里山の整備

7月 19, 2015 by 遠藤 進一朗 // Leave a Comment | CATEGORY: プライベート日記

今日は下の息子が森の幼稚園でお世話になっている我田の森(わがたのもり)で父兄による整備が行われました。

9時に集合し、10人のお父さん達と作業開始。赤松の周りの植栽の撤去を行いました。

   
 日頃、建築に携わり製材された檜や杉しかみていません、

恥ずかしながら食べれる葉っぱや被れる葉っぱなど本当に知らないことだらけ

5年位の計画で松茸が生える環境をつくるのが目標だそうです。松茸は赤松などの宿主樹木が光合成で得た栄養素をもらって育つらしく人工では製造困難なんだそうです。

その宿主赤松は日照を要する陽樹らしく環境を整えないと育ちにくい樹種だそうです。

  
こんな風に笹だらけですと育たないみたいですね。午前中だけでしたが手ぬぐいが絞れるくらい気持ちいい汗を流しました。

森の幼稚園のお父さん方、そして里山のスタッフの方々お疲れさまでした。



コメントする

  • (will not be published)