ニュージーランドという国

5月 4, 2015 by 遠藤 進一朗 // Leave a Comment | CATEGORY: 読書

今日は午前中ゆっくりなので可児市の図書館で借りてきた本を読んでます。

四角友里さんの本です。

  
インドア派の彼女がアウトドア、そしてニュージーランドにはまっていく様子がよくわかります。

中でも日本とニュージーランドの思いがけぬ共通点があることに気づきます。

ニュージーランドの先住民マオリ族。

彼らの文化は『自然に敬意を払う』と言え考え方のもとに成り立っています。

空や海を大切にし、『私たちが大地を所有しているのではなく、大地が我々を所有している』と考えています。

この考え方は日本のアミニズムと似ていて万物に魂が宿っていることに基づいています。

また興味深いのはマオリが『マナ』という価値観を大切にしていること。

マナ=魂の品位、徳

自然と暮らすことに価値観を置いてきた同じ島国である日本とニュージーランド。

普段何気なく見ている回りの自然の恩恵を感じたりニュージーランドを旅してみたい気にさせてくれる一冊でした。



コメントする

  • (will not be published)