我田の森 餅つき

12月 20, 2015 by 遠藤 進一朗 // Leave a Comment | CATEGORY: プライベート日記

師走はあっと言う間に日にちが過ぎていきますね。今年もあと10日あまり。やり残したことはないか日々手帳を見ながら生活しています。

今日は息子がいつもお世話になっています御嵩の我田の森で整備した草木をチップにする作業と毎年恒例の餅つきがありました。

草木をチップにする作業は初めてで、4日前に作業された草木のチップを触ってびっくり。

   
 なんとチップの草木が発酵をはじめていて35°C近くまで熱を帯びていました。微生物が住んでいる証拠ですね。

カブトムシの幼虫などが住みたくなるのもよくわかります。草木のアロマ効果もあり素敵な香りに囲まれながら草木のチップに埋もれてみたいと正直思いました。

お昼近くにはもち米が炊き上がり杵と臼で餅が大量に出来上がっていきます。 

    
   
 
うちの子供たちも初めての餅つきに挑戦。

  

   
やはり 食べるほうがたのしかったみたいです。



コメントする

  • (will not be published)